トレンド相場に強いMT4インジケーターVQとは?

VQは「Volatility Quality」の略で、ボラティリティから相場の上げや下げを予測するインジケーターです。

スキャルピングなどでVQが流行った時期もありましたが、VQの弱点である「レンジ相場に弱い」という理由からいつの間にか消えていたインジケーター。

VQは本来、トレンドを測るインジケーターであるADXと併用して使われることが多いです。ADXでトレンドの強弱を確認してからVQのサインを組み込んでいくのですが、ブログで検証しているFXプレミアムトレード15MはADXを使いません。

FXプレミアムトレード15Mの場合は、VQの弱点となるレンジ的な動きは移動平均線・ボリンジャーバンド・ローソク足の3つフィルターで回避していくことになります。

FXプレミアムトレードの評判と検証したレビュー

このトレード方法が効果があるのかどうかは、FXプレミアムトレード15Mの過去6か月間の成績をみれば一目瞭然。

2016年1月 +1622.6pips
2016年2月 +1534.9pips
2016年3月 +1431.1pips
2016年4月 +1777.7pips
2016年5月 +1184.8pips

勝率は、ポンド円73.0%、ポンドドル70.7%
ペイオフレシオ1.4

ADXを使わないでVQとローソク足などのフィルターで、ここまでの成績が出せるのは驚きです。

しかもトレードに裁量を入れずフローチャート通りの取引で稼ぐことができるのですから、失敗を繰り返してきたトレーダーにぜひとも手にしていただきたいマニュアルです。

興味がある方は、詳しいレビューをご覧ください⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です